危険な食べ物や健康に関する掲示板。

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

[トピック内全1記事(1-1 表示)] 全ページ数 / [0]

■277 /inTopicNo.1)  【狂牛病】米産の牛骨付き肉販売自粛呼びかけ
    □投稿者/ 管理人 -(2004/01/09(Fri) 20:19:10)
    □U R L/ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040109-00000307-yom-bus_all

      米産の牛骨付き肉58トン輸入済み、販売自粛呼びかけ

       米国でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)感染牛が見つかった問題で、昨年1月以降に米国から輸入された牛肉の中に、背骨の付いたTボーンステーキ58トンが含まれていたことが9日、厚生労働省の調査で分かった。

       背骨は病原体とされる異常プリオンが蓄積するため、今年2月からはBSE発生国の背骨が付いた牛肉は販売禁止になることが決まっている。調査結果を受け、厚労省は輸入業者などに対し、禁止前であっても販売を自粛するよう呼びかけている。

       また、昨年米国から輸入された牛肉加工品の中には、原材料に脳、脊髄(せきずい)などの特定部位、背骨を使っている恐れのある液状スープ類、牛脂などが52件(153トン)あったことも分かった。これらについても、特定部位の使用が確認されたものは回収を、背骨の使用が判明した場合は販売自粛を求める。

       異常プリオンが蓄積するのは、背骨中の背根神経節だが、骨から除去することが困難なため、厚労省は背骨そのものの流通を規制。2月から、背骨付きの食肉、背骨を使った食品や添加物は製造・販売が禁止となる。(読売新聞)
      [1月9日17時48分更新]


    →親記事 / 引用返信 / チェック-




このトピック内容の全ページ数 / [0]

このトピックに書きこむ
Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -