危険な食べ物や健康に関する掲示板。

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

[トピック内全1記事(1-1 表示)] 全ページ数 / [0]

■252 /inTopicNo.1)  【狂牛病】筋肉からも異常プリオン検出(CDJ患者)
    □投稿者/ 管理人 -(2003/11/10(Mon) 04:19:58)
    □U R L/ http://www.asahi.com/science/update/1107/002.html

      筋肉からも異常プリオン ヤコブ病死亡患者から検出

       クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)で死亡した患者の筋肉や脾臓(ひぞう)で、異常プリオン(CJDの病原たんぱく)が見つかった。スイスの研究チームが6日、米ニューイングランド医学誌に発表した。異常プリオンは中枢神経にたまると考えられてきたが、微量ながら筋肉でも検出されたことで、「医療行為で感染する恐れもある」という。

       96〜02年にスイス国内で死亡した36人のCJD患者について、脳の組織(36人分)と筋肉(32人分)、脾臓(28人分)のサンプルを、チューリヒ大学のチームが高感度の検査法で調べた。

       すべての患者の脳組織で異常プリオンを検出したほか、脾臓でも28人中10人で、筋肉でも32人中8人で見つかった。筋肉や脾臓の異常プリオンの量は、中枢神経の1万分の1ほどだった。

       異常プリオンは、正常プリオンを異常型に変化させる。CJDや牛海綿状脳症(BSE)は、この異常プリオンが脳に蓄積して発症する。CJD患者の一部は汚染された乾燥硬膜の移植でかかった例や遺伝性のものだが、残りの多くは罹患(りかん)理由が分かっていない。

       研究チームは論文の中で「(脳以外の)医療行為で病気をもらっている例もあるのではないか。いかなる種類の手術もCJDの危険因子となりうる」と説明している。 (11/07 11:01)



    →親記事 / 引用返信 / チェック-




このトピック内容の全ページ数 / [0]

このトピックに書きこむ
Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -